フリーランスのリスクについて

一人でも仕事ができるフリーランスは、自由にスケジュールも組めるので仕事がしやすいというメリットがあります。収入も自分の能力によっては可能性は無限大で、やる気もでやすいかもしれません。
しかし、フリーを選ぶならそのリスクもしっかりと把握しておく必要があるといえるでしょう。

まず、収入面のリスクです。
高額な収入を得る可能性があるかたわら、収入がゼロという可能性もあるということです。
仕事を自分で見つけなければなりませんし、コンスタントに仕事があるように工夫する必要もあります。
仕事を始めた当初などは、貯金を切り崩して生活していくことになるかもしれませんし、仕事自体が軌道に乗らないといったこともあるかもしれないのです。

も し、フリーとして仕事ができなかったらどうするのかということも考えておく必要があるといえるでしょう。フリーランスで活動する上で知っておきたいのは ネットでもお仕事を気軽に探せるということです。仕事の幅を広げたい!自分に合った仕事をみつけたい!とい方におすすめです。マッチングサービスについて 書かれているこちらの<<フリーランスのお仕事発掘サイト!【ベストマッチング】>>http://bestmatching.info/で、利用についての注意点がチェックできます。

また、フリーランスには、お仕事と得るという悩みの他に、会社員のように社会保障がないということもリスクがあります。
健康保険なども自分で加入して支払う必要がありますし、厚生年金などもありませんので、老後の年金も会社員より少なくなることがあります。
年金基金をプラスしたり、保健会社の年金プランに入るなどの工夫が必要です。
また、個人事業主が加入する共済に入って、退職金代わりに蓄える方法もあります。会社員に比べると、自分で将来設計をしなくてはいけない部分はかなりありますね。

病気になったときにはその間収入が途切れてしまい、長期間入院ということになるとそれだけ収入も失うということになります。
仕事ができないとその分すぐに収入に直結するので、もし入院や病気などになったらどうするのかということも計画を立てて、フリーランスになる必要があるかもしれません。
会社員のようにいろいろ守られていない環境下で、どのように生き残っていくかをしっかりと考えていくことが大切です。